ライン

生活習慣病療養指導外来

ライン

糖尿病、高血圧、高脂血症には遺伝が関係している場合がありますが、 これらの病気は食事、運動、睡眠、仕事、たばこ、お酒などのいわゆる 「生活習慣」による影響を大きく受けていることもまた事実です。 そのためこれらの病気は「生活習慣病」と呼ばれています。遺伝的要素は、 自分ではどうすることもできませんが、生活習慣(スタイル)は見直すことが可能です。 生活習慣を見直すことでこれらの病気の程度を改善することができます。 生活習慣はひとりひとり違います。 過食や偏食などの食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足、仕事や家庭のストレス、 たばこやお酒の飲み過ぎなどはありませんか? 自分自身で生活習慣を見直し、適切かどうか判断するのは意外と難しいものです。 また、どれが悪いことなのかわかっていても、 どのように改善すればよいのかわからない方もいらっしゃいます。

生活習慣病療養指導外来

翔南病院では「療養指導チーム」がみなさまの生活習慣の改善をお手伝いします。
当院の療養指導チームは、専門医師、糖尿病療養指導士(看護師、検査技師)、栄養士、薬剤師、理学療法士、 医療ソーシャルワーカー、医事課スタッフより成り立っており「チームワークの良さ」が自慢です。 食事療法や運動療法についてご一緒に考え、あなたの生活習慣を見直してみませんか?
療養指導チーム一同 みなさまのプログラムへのご参加をお待ちしています。
詳しくは当院内科外来スタッフにおたずね下さい。

Copyright (C) Shonanhospital All Rights Reserved.