ライン

睡眠時無呼吸症候群

ライン

睡眠時無呼吸症候群とは
睡眠時無呼吸症候群は読んで字のごとく「睡眠時」に「無呼吸」状態になる病気です。 英語ではSleep Apnea Syndrome(SAS)と書きます。 「無呼吸」とは10秒以上の、呼吸停止と定義され、この無呼吸が1時間に5回以上または 7時間の睡眠中に30回以上ある方は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。 「無呼吸=息が出来ない」ので死んでしまうのではないか?と思われがちですが、 この無呼吸自体で、死んでしまうことはありません。 むしろ、無呼吸がつづくことで体に負荷がかかり生活習慣病(高血圧や心疾患など)になることや、 記億に新しい新幹線のオーバーラン事故に代表される、昼間の眠気による事故(交通事故、労災事故に関係するため、 ご本人だけでなく社会的にも問題)になるのです。実際に呼吸を止めてみると辛いことがわかります。 厚生省では睡眠1時間あたりの低呼吸数が20回以上おこる場合では、 5年後の生存は84%(5年後の死亡率は16%)と報告しています。
睡眠時無呼吸症候群の定義
一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこる。 または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこるとなっています。 SASはしっかり治療すると無呼吸がなくなり、生活習慣病や眠気などの症状もきちんとコントロールできます。 この疾患はなにも特殊な疾患ではありません。 有病率は人口の4%と言われており、曰本には200万人いると言われています。 しかし、なかなか気がつきにくく、いびきをかく程度で受診するなんて恥ずかしいと言う理由などで、 まだまだ治療を受けている方が少ないのが現状です。 「もしや?」と思われた方は早めに専門の医療機関を受診しましょう。
睡眠時無呼吸症候群の検査について
睡眠時に起こる症状を診断する為に、検査入院が必要ですが、決して大げさなものではありません。 通常、1泊2曰の入院になります。夕刻7時に来院していただき、8時に検査のためのセンサーをつけて眠っていただきます。
翌朝7時に検査を終了して退院となります。 検査の解析に1週間かかりますので、 外来の診察の曰に検査結果と診断およびそれに基づいた治療方針の説明を行います。 (シャワーが必要な方は、ご利用いただけますのでお申し出ください。)
終夜睡眠ポリグラフ検査
この検査では、睡眠中の脳波、呼吸の状態や、酸素飽和度、心電図、いびき音などを記録するため、 下図のようにさまざまなセンサーをつけて生体情報をとります。 少し煩わしい感じはありますが、痛みはありません。 また、センサーをたくさんつけているので眠れないのでないかと思われますが、実際にはほとんどの人が眠っておられます。 なお、当院では検査に際しては、専用部屋を用意していますので、いびきの大きい方も周囲を気にせず眠っていただけます。
睡眠時無呼吸症候群
Copyright (C) Shonanhospital All Rights Reserved.